2009年11月07日

Psyche / BFC - Elements 1989-1990 (1996/Planet E/US)


Elements 1989-1990

個人的にCarl Craigのアルバムの中でも思い入れのある一枚。Derrick MayのレーベルTransmatとFragile、Kirk DegiorgioのレーベルARTからリリースされた全12曲を収録。当時まだ20歳(!)だった若きCarl Craigのアーティスティックな才能を存分に堪能できる傑作。名曲「Elements」と「Galaxy」のサポートとしてデトロイト・テクノの影の立役者Anthony Shakirが参加していることにも注目です。

01 Psyche - Elements
02 Psyche - Neurotic Behavior
03 Psyche - Crackdown
04 Psyche - From Beyond
05 Psyche - Andromeda
06 BFC - Evolution
07 BFC - Galaxy
08 BFC - It's A Shame
09 BFC - Please Stand By
10 BFC - Chicken Noodle Soup
11 Psyche - How The West Was Won
12 BFC - Sleep
posted by ka2 at 22:00| Comment(0) | TrackBack(0) | Artists P | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月04日

Paperclip People - The Secret Tapes Of Dr. Eich (1996/Planet E/US)


The Secret Tapes of Dr. Eich

Carl CraigのPaperclip People名義による作品を収録したベスト盤的アルバム。「アイヒ博士の秘蔵テープ」という怪しげなタイトルが良いですね。この名義はフロア向けのダンス・トラックが多いのが特徴で、「Throw」、「The Climax」、「Floor」など90年代のクラブ・シーンでヒットした名曲を多数収録。シカゴ・ハウスの影響を感じさせるサイケでアッパーな音がかっこいいですよ。

01 Welcome Center
02 Oscillator
03 Paperclip Man
04 Throw
05 The Climax
06 Clear And Present
07 Floor
08 Steam
09 Country Boy Goes Dub
10 Slam Dance
11 Parking Garage Politics
12 My Neighborhood
posted by ka2 at 22:00| Comment(0) | TrackBack(0) | Artists P | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。